予測がつかないことだらけの初産でした

投稿者:

30歳の初産のときの話です。
予定日の5日前におしるしに始まりその後陣痛が来て、10分間間隔になった時点で産婦人科に電話をし入院になりました。午前4時くらいの時間で出来れば朝まで待てそうかな?と思ったのですが、出血の量がだんだんと多くなってきた旨を伝えると、「すぐに来てください」と言われ、主人の運転で急ぎました。

ただどういうわけか、10分間間隔で来ていた陣痛が車に乗ったらピタリと止まってしまいました。病院についたときにも全く痛みを感じなくなりケロッとしていたので、助産師さんも「あれ?」という顔。そして病院内に住居のある院長先生が髪ボサボサでものすごく眠そうな顔で起きてきて診察していただいたとうのに、なんだかものすごく申し訳ないような気持ちになりました。

ただ出血しているのでそのまま入院になり、予定日前だから朝まで様子見するということになりました。

翌日の診察では「典型的な微弱陣痛なので、弱く促進剤を入れていきます。赤ちゃんはまだ下りてきていないので、生れるのは早くても夕方以降になると思います」と言われました。夜中に結構慌てて家を出たので忘れ物もあり、主人は一度家に帰って昼過ぎにまた来る」ということになり、その時点でまだ余裕のあった私は「昨日寝てないから少し寝てきな~」なんて言っていました。

その後すぐ、朝の10時くらいから促進剤の点滴投与が開始されました。助産師さんが「だんだん陣痛が来るけどたぶん1時間くらいはあまり強くは感じないから」と言われ、私も今のうちに少し寝ようかなぁなんて思っていると、ほんの10分くらいで生理痛のような痛みに…。ただ昨日陣痛が来た!と夜中に駆け込みながらその後陣痛が止まってしまう…という事態を起したため、あまり騒がずに痛みに耐えていると、30分くらいでかなり生理痛MAXを超える痛みに! それで一応看護師さんに「痛くなってきました」と言うと、他の妊婦さんで対応が忙しい時だったようで「少し待っててね~」と二の次にされてしまいました。た5分くらい待って内診してくれた看護師さんは「え!?もう7センチ!?」と唖然。子宮口全開は10センチなので、1時間足らずで急激に進んだことになります。その後慌ててバタバタと分娩室に向かう準備が進み、分娩室に入り30分くらいで産まれるというスピードでした。

助産師さんもビックリな出産で、私は全くなにもわからまいまま進み、生まれてから「あっ、立会い出産するはずだった…」と。主人は家で荷物の準備をし、少しゆっくりしようかな~というときに病院から「産まれました」という連絡が来て、電話を間違えたんだろうと…と妊婦の名前を聞き返してしまったそうです。

陣痛が止まる~促進剤で1時間半で出産…という本当に予測がつかないことだらけの初産でした。