出産が近くても妙に落ち着いている夫

投稿者:

私は夜中3時に不定期陣痛が来て、年のために産院に連絡すると、案の定「定期的な陣痛が来てからにしてください。まずは朝まで様子を見てください」との事でした。
眠さに負け、痛いと思いながらウトウトし、でも痛くて眠れず、朝5時に陣痛間隔を計ったら、なんと定期的に4分間隔でした。

慌てて産院に連絡すると「急に定期的になったんですか!」と驚かれましたが、だから3時に電話したのに、という心境です。
産院に来ても良いと言われ、車に乗り込もうとすると、夫が冷蔵庫や電子レンジを扱っています。「こんなに痛いのに、よく呑気な事やってるなぁ」と思ったのですが、痛すぎて何も言えずでした。すると、「空腹だから少しでも食べておいた方が良いよ」とおにぎりを差し出してくれたのです。てっきり私は、夫が自分の食事の準備をしていると思っていたので、驚きました。なかなか食べられませんでしたが、一口一口進め、自宅から30分の産院に着く頃にはおにぎり1つをほぼ完食、お茶も飲めました。

産院に着いて着替え、陣痛室にいるとすぐ破水です。夫は何やら分からない様子でしたので「看護師さんに破水したって言ってきて」と伝えました。すぐに看護師さんがみえて、「これは早く出てくる、先生に連絡する」と言って出ていかれ、別の看護師さんが胎児の心拍を計測に来ました。夫は何が何だか全く分からないので、逆に落ち着いており、看護師さんの邪魔をしないように部屋の端から覗いたりしていました。

それからすぐに分娩室に移動し、先生が「息んでいいよ」と言われたので、3回程息むと、息子が生まれました。夫が落ち着いて用意してくれたおにぎりを食べたから楽に生まれたのかもと思いました。
出産前は落ち着いていた夫ですが、生まれると大感動だったようで、目がウルウルでした。夫もカンガルーケアをし、私の部屋に息子が戻ってきました。私はうまくお世話できるのかなぁとドキドキなのに、夫は再び落ち着いています。とにかく息子と一緒いられるのが嬉しくて、息子のそばにいたかったそうです。

落ち着いている夫を見ると、「呑気だなぁ」と思ってしまいがちですが、出産時は2人して慌てふためくより、1人は落ち着いていた方がいいのではないでしょうか。